1. トップ
  2. アプリ
  3. 基本的な使い方

基本的な使い方

メニュー

画面左上の「メニュー」ボタンをタップして、機能一覧を表示します。

画面の左端から右にスワイプしても表示できます。(Android端末のみ)
テレビやブルーレイディスクレコーダーの機種によって表示する内容が異なります。

※画面を指で軽く押して、一定方向へ掃くように動かす操作

  • 1.
    機能一覧を表示します。
  • 2.
    検索窓
    検索したい内容を入力できます。

    ※iOS版の音声操作は、iOS10以降で利用できます。また、Amazon端末では音声操作は利用できません。

  • 3.
    トップ画面
    録画した番組やダウンロードした番組を確認できます。
  • 4.
    番組表
    番組表を表示します。
  • 5.
    注目番組
    注目番組をカテゴリーごとに表示します。
  • 6.
    録画予約一覧
    録画予約一覧を表示します。予約の消去などができます。

    ※7010/5000/4110/4100/4010/4000シリーズは、「予約一覧」になります。

  • 7.
    保存予約一覧
    保存予約一覧を表示します。予約の消去などができます。

    ※6000シリーズ、UT/HXシリーズ、HT2010/HT1010/HW1010/HW510が対応しています。

  • 8.
    宅内予約管理
    テレビやブルーレイなど、ホームネットワーク内のFUNAI製品に録画予約されている番組を、一括で確認できます。

    ※設定で表示On/Offが選べます。初期値はOffに設定されています。

    ※まとめて表示できる台数は、2台になります。

  • 9.
    録画一覧
    録画した番組を確認・視聴できます。接続機器に録画した番組の消去もできます。

    ※7010/6000/4110/4010シリーズ、UT/HX/HT/HWシリーズが対応しています。

    ※7010/4110/4010シリーズ接続時は、端末での視聴はできません。

  • 10.
    放送中の番組
    現在放送中の番組を確認・視聴できます。

    ※UT/HX/HT/HWシリーズが対応しています。

  • 11.
    まるごと録画一覧
    まるごと録画した番組を確認・視聴できます。

    ※UTシリーズ、HT2010/HT1010/HW1010/HW510は、番組表形式での表示ができます。

    ※6000シリーズ、HXシリーズは、リスト形式での表示になります。

  • 12.
    まとめ番組
    まとめ番組を確認・視聴できます。

    ※7010/4110/4010シリーズ、UT/HXシリーズ、HT2010/HT1010/HW1010/HW510が対応しています。

    ※7010/4110/4010シリーズ接続時は、端末での視聴はできません。

  • 13.
    モバイル用番組
    モバイル視聴用に変換された番組の確認・視聴とダウンロードを素早くおこなえます。

    ※6000シリーズ、UT/HX/HT/HWシリーズが対応しています。

  • 14.
    ダウンロード済み番組
    端末にダウンロード済みの番組です。通信をおこなわずに番組の視聴ができます。

    ※7010/5000/4110/4100/4010/4000シリーズ接続時は、他の対応機器で作成したモバイル用番組をダウンロードしている場合のみ、視聴できます。

  • 15.
    リモコン/音声操作
    アプリをリモコン代わりに利用できます。画面や音声で操作ができます。

    ※iOS版の音声操作は、iOS10以降で利用できます。
    Amazon端末では音声操作は利用できません。

  • 16.
    設定
    アプリの設定です。「どこでも視聴」や番組視聴に関する設定ができます。
  • 17.
    接続機器を選択
    アプリで操作する機器を選択できます。
  • 18.
    使い方・ヘルプ
    インターネットから、使い方・ヘルプを確認できます。(端末のブラウザを起動します)

トップ画面

  • 1.
    フリーワードやジャンルで番組検索ができます。
  • 2.
    スマホの画面や音声で機器の操作ができます。
  • 3.
    放送予定の番組を表示します。注目やおすすめの番組が確認できます。
  • 4.
    放送中の番組を表示します。地デジ、BS、CS の番組をそれぞれ確認できます。
  • 5.
    録画済みの番組を表示します。モバイル用番組やダウンロード済み番組などが確認できます。
  • 6.
    変更できる項目を表示します。
  • 7.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 8.
    Gガイドの広告を表示します。スクロール中は消えますが、スクロール停止後に確認できます。

番組表

  • 1.
    「地デジ番組表」「BS番組表」「CS番組表」を選択して、番組表を切り換えます。
  • 2.
    フリーワードやジャンルから番組表検索をします。
  • 3.
    本日から、翌週の同じ曜日まで8日分の表示を切り換えます。日付が画面に入りきらない場合は、左右スワイプでスクロールすることができます。
  • 4.
    放送局ロゴ・CH番号、放送局名、マルチ表示アイコンを表示します。
  • 5.
    12時間表示で時間を表示します。
  • 6.
    番組名や番組内容などを表示します。上下左右スワイプで、スクロールすることができます。録画予約や保存予約など、予約された番組にはアイコンを表示します。
  • 7.
    変更できる項目を表示します。
  • 8.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、
    「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 9.
    番組表の番組をジャンルごとに色分けします。
  • 10.
    番組表の詳細表示を切り換えたり、録画モードを設定したりします。
  • 11.
    Gガイドの広告を表示します。スクロール中は消えますが、スクロール停止後に確認できます。

注目番組

  • 1.
    注目番組・特集番組の カテゴリーを一覧し、 表示するカテゴリーを選択できます。
  • 2.
    1で選択したカテゴリーに含まれる、サブカテゴリーを一覧できます。項目が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。タップすると、サブカテゴリーに含まれる番組を表示することができます。
  • 3.
    変更できる項目を表示します。
  • 4.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、
    「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 5.
    Gガイドの広告を表示します。スクロール中は消えますが、スクロール停止後に確認できます。

録画予約一覧

  • 1.
    予約結果のお知らせを表示します。

    ※5000/4100/4000シリーズでは表示しません。

  • 2.
    予約一覧を絞り込むための種類を一覧します。項目が画面に入りきらない場合は、左右スワイプでスクロールすることができます。項目をタップすると、その予約種類に合った番組予約を一覧します。
  • 3.
    予約した番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。番組をタップすると、番組内容を確認でき、予約修正や消去ができます。
  • 4.
    変更できる項目を表示します。
  • 5.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、
    「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 6.
    予約消去ができます。
  • 7.
    予約のスキップ設定ができます。録画予約一覧に残したまま録画をスキップする機能です。

    ※5000/4100/4000シリーズでは表示しません。

保存予約一覧

6000シリーズ、UT/HXシリーズ、HT2010/HT1010/HW1010/HW510

  • 1.
    予約結果のお知らせを表示します。
  • 2.
    保存予約した番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。番組をタップすると、番組内容を確認でき、予約消去ができます。
  • 3.
    変更できる項目を表示します。
  • 4.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、
    「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 5.
    予約消去ができます。

宅内予約管理

  • 1.
    予約一覧を絞り込むための種類を一覧します。項目が画面に入りきらない場合は、左右スワイプでスクロールすることができます。項目をタップすると、その予約種類に合った番組予約を一覧します。
  • 2.
    予約した番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。番組をタップすると、番組内容を確認でき、予約修正・消去ができます。
  • 3.
    変更できる項目を表示します。
  • 4.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、
    「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 5.
    予約消去ができます。
  • 6.
    予約のスキップ設定ができます。録画予約一覧に残したまま録画をスキップする機能です。

    ※5000/4100/4000シリーズの予約は、スキップ設定できません。

  • 7.
    「宅内予約管理」に表示している機器の情報を確認することができます。
  • 8.
    「宅内予約管理」の説明画面を表示します。

録画一覧

  • 1.
    接続機器の番組保存場所を変更します。
  • 2.
    録画番組を検索します。
  • 3.
    すべての録画番組を表示します。
  • 4.
    録画番組のジャンルを表示します。お好みのジャンルを選んでタップすると、そのジャンルの番組を表示します。
  • 5.
    録画番組フォルダを表示します。フォルダが画面に入りきらない場合は、左右スワイプでスクロールすることができます。タップすると、そのフォルダの番組を表示します。
  • 6.
    録画番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。番組をタップすると、その番組の番組内容を表示します。長押しすると、すぐに番組視聴がはじまります。
  • 7.
    変更できる項目を表示します。
  • 8.
    画面表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 9.
    番組の表示順序を並び替えします。
  • 10.
    録画番組のモバイル用番組を作成するよう、録画一覧から一括で、接続機器に予約します。

    ※7010/5000/4110/4100/4010/4000シリーズの場合は、表示されません。

  • 11.
    番組の保存フォルダを変更します。一覧から複数の番組を選択できます。
  • 12.
    番組を消去します。一覧から複数の番組を選択できます。

    ※消去した番組は元に戻せません。録画内容をよく確認してから消去してください。

  • 13.
    選択中のフォルダの名称を変更します。
  • 14.
    新しいフォルダを作成します。
  • 15.
    選択中のフォルダを消去します。フォルダ内の番組を消去せずにフォルダだけを消去するか、番組も一括して消去するか選択できます。

    ※消去したフォルダや番組は元に戻せません。録画内容をよく確認してから消去してください。

番組内容

  • 1.
    番組の視聴を開始します。

    ※7010/4110/4010シリーズ接続時は、端末での視聴はできません。

  • 2.
    番組の詳細内容を表示します。詳細内容が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。
  • 3.
    接続機器側で番組を再生します。接続機器を操作するためにリモコン画面を表示します。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 4.
    録画番組のモバイル用番組を作成するよう、接続機器に予約します。

    ※7010/4110/4010シリーズの場合は、表示されません。

  • 5.
    番組を消去します。

    ※消去した番組は元に戻せません。録画内容をよく確認してから消去してください。

  • 6.
    番組の保存フォルダを変更します。
  • 7.
    番組名を変更します。
  • 8.
    番組を誤って消去しないように保護します。

放送中の番組

  • 1.
    地上デジタル放送を表示します。
  • 2.
    BSデジタル放送を表示します。
  • 3.
    110度CSデジタル放送を表示します。
  • 4.
    お好みのチャンネルをタップして、現在放送中の番組を視聴します。チャンネルが画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。
  • 5.
    変更できる項目を表示します。
  • 6.
    表示を更新します。

放送中の番組視聴

宅内での視聴画面
  • 1.
    前の画面に戻ります。
  • 2.
    チャンネル名を表示します。
  • 3.
    チャンネル一覧を表示します。
  • 4.
    チャンネルを切り替えます。
  • 5.
    変更できる項目を表示します。
  • 6.
    配信画質を変更します。映像が途切れる場合には、配信画質を下げてください。
宅外での視聴画面
  • 1.
    前の画面に戻ります。
  • 2.
    チャンネル名を表示します。
  • 3.
    チャンネル一覧を表示します。
  • 4.
    チャンネルを切り替えます。
  • 5.
    変更できる項目を表示します。
  • 6.
    配信画質を変更します。映像が途切れる場合には、配信画質を下げてください。
  • 7.
    画面の左上に「どこでも視聴」が表示されます。宅内では表示されません。

まるごと録画一覧

6000シリーズ、HXシリーズ

まるごと録画設定したチャンネルの番組を確認・視聴できます。

  • 1.
    まるごと録画設定したチャンネルを選択します。
  • 2.
    まるごと録画している日付を表示します。日付が画面に入りきらない場合は、左右スワイプでスクロールすることができます。タップすると、その日付に切り替えます。
  • 3.
    まるごと録画番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。番組をタップすると、その番組の番組内容を表示します。長押しすると、保存予約をおこないます。
  • 4.
    表示中のまるごと録画設定チャンネルから、番組を検索します。
  • 5.
    変更できる項目を表示します。
  • 6.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

まるごと録画番組の番組内容

  • 1.
    番組の視聴を開始します。
  • 2.
    接続機器側で番組を再生します。接続機器を操作するためにリモコン画面を表示します。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 3.
    保存予約をおこないます。
  • 4.
    番組の詳細内容を表示します。詳細内容が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。

まるごと録画一覧(番組表形式)

UTシリーズ、HT2010/HT1010/HW1010/HW510

まるごと録画設定したチャンネルの番組を番組表形式で確認・視聴できます。

  • 1.
    まるごと録画している期間をカレンダー表示します。カレンダーの日付をタップすると、その日付付近のまるごと録画番組を表示します。
  • 2.
    カレンダーで選択した日付付近(約1週間)の日付を一覧します。日付が画面に入りきらない場合は、左右スワイプでスクロールすることができます。日付をタップすると、その日付に切り替えます。
  • 3.
    まるごと録画番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下左右スワイプでスクロールすることができます。番組をタップすると、その番組の番組内容を表示します。長押しすると、保存予約をおこないます。
  • 4.
    フリーワードやジャンルからまるごと録画番組を検索します。
  • 5.
    変更できる項目を表示します。
  • 6.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 7.
    まるごと録画一覧の番組をジャンルごとに色分けします。

    ※リスト形式表示中は、表示されません。

  • 8.
    リスト形式の表示に変更します。

    ※リスト形式表示中は、「番組表形式で表示」に変わります。

まるごと録画番組の番組内容

  • 1.
    番組の視聴を開始します。
  • 2.
    接続機器側で番組を再生します。接続機器を操作するためにリモコン画面を表示します。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 3.
    保存予約をおこないます。
  • 4.
    番組の詳細内容を表示します。詳細内容が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。

まとめ番組

7010/4110/4010シリーズ、UT/HXシリーズ、HT2010/HT1010/HW1010/HW510

  • 1.
    まとめ番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。タップすると、まとめられた番組を一覧できます。
  • 2.
    変更できる項目を表示します。
  • 3.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、
    「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 4.
    まとめ番組の表示順序を並び替えします。
  • 5.
    まとめ番組を消去します。

モバイル用番組

モバイル視聴用に変換された番組です。

アプリでの視聴とダウンロードを素早くおこなえます。

  • 1.
    モバイル用番組を検索します。
  • 2.
    モバイル用番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。タップすると、その番組の番組内容を表示します。長押しすると、すぐに番組視聴がはじまります。
  • 3.
    変更できる項目を表示します。
  • 4.
    表示を更新します。

    ※接続機器側で番組に変更をおこなった場合は、「表示を更新」をおこなわないと一覧に変更が反映されません。

  • 5.
    アプリから作成したりチェックしたモバイル用番組からおすすめをピックアップし、番組名を一覧する画面を表示したりします。
  • 6.
    番組の表示順序を並び替えします。
  • 7.
    番組を端末にダウンロードします。一覧から複数の番組を選択できます。

    ※一度にダウンロードできる番組数は、30番組までになります。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 8.
    番組を消去します。一覧から複数の番組を選択できます。

    ※消去した番組は元に戻せません。録画内容をよく確認してから消去してください。

モバイル用番組の番組内容

  • 1.
    番組の視聴を開始します。
  • 2.
    番組の詳細内容を表示します。詳細内容が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。
  • 3.
    番組を端末にダウンロードします。

    ※Android、AmazonのSDカード対応端末では、保存先に本体メモリーとSDカードが選べます。保存先の設定は、「設定」メニューから変更ができます。
    ※本アプリの動作中にSDカードの抜き挿し・アクセスはおこなわないでください。SDカードやデーターが破損する場合があります。
    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 4.
    番組を消去します。

    ※消去した番組は元に戻せません。録画内容をよく確認してから消去してください。

モバイル用番組の番組視聴

宅内での視聴画面
  • 1.
    再生を停止して、前の画面に戻ります。
  • 2.
    番組名を表示します。
  • 3.
    ひとつ前のチャプターを再生します。チャプターの位置は接続機器側の情報に従います。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 4.
    10秒戻しをおこないます。戻し時間は設定で変更できます。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。宅内での視聴の場合は、動作に時間がかかることがあります。

  • 5.
    再生・一時停止をおこないます。
  • 6.
    30秒送りをおこないます。送り時間は設定で変更できます。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。宅内での視聴の場合は、動作に時間がかかることがあります。

  • 7.
    次のチャプター位置を再生します。チャプター位置は接続機器側の情報に従います。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 8.
    再生の進捗を表示します。
  • 9.
    変更できる項目を表示します。
  • 10.
    音声付きで再生速度を変更します。1.3倍速/標準が選べます。

    ※早見早聞再生は、Android6.0以降の端末で利用できます。また、iOS端末、Amazon端末では早見早聞再生は利用できません。

宅外での視聴画面
  • 9.
    変更できる項目を表示します。
  • 10.
    音声付きで再生速度を変更します。モバイル用番組は、1.3倍速/標準が選べます。

    ※早見早聞再生は、Android6.0以降の端末で利用できます。また、iOS端末、Amazon端末では早見早聞再生は利用できません。

  • 11.
    画面の左上に「どこでも視聴」が表示されます。宅内では表示されません。

ダウンロード済み番組

端末にダウンロード済みの番組です。

通信をおこなわずに番組の視聴ができます。

  • 1.
    ダウンロード済み番組を一覧します。番組が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。タップすると、その番組の番組内容を表示します。長押しすると、すぐに番組視聴がはじまります。
  • 2.
    保存先のアイコンを表示します。

    ※Android版、Amazon版が対応しています。

  • 3.
    変更できる項目を表示します。
  • 4.
    表示を更新します。
  • 5.
    番組の表示順序を並び替えします。
  • 6.
    ダウンロードした番組の保存先(本体メモリー・SDカード)を変更できます。

    ※Android版、Amazon版が対応しています。

  • 7.
    番組を消去します。一覧から複数の番組を選択できます。

    ※消去した番組は元に戻せません。録画内容をよく確認してから消去してください。

ダウンロード済み番組の番組内容

  • 1.
    番組の視聴を開始します。
  • 2.
    番組の詳細内容を表示します。詳細内容が画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。
  • 3.
    ダウンロードした番組の保存先(本体メモリー・SDカード)を変更できます。

    ※Android版、Amazon版が対応しています。

  • 4.
    番組を消去します。

    ※消去した番組は元に戻せません。録画内容をよく確認してから消去してください。

ダウンロード済み番組の番組視聴

  • 1.
    再生を停止して、前の画面に戻ります。
  • 2.
    番組名を表示します。
  • 3.
    ひとつ前のチャプターを再生します。チャプターの位置は接続機器側の情報に従います。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 4.
    10秒戻しをおこないます。戻し時間は設定で変更できます。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。宅内での視聴の場合は、動作に時間がかかることがあります。

  • 5.
    再生・一時停止をおこないます。
  • 6.
    30秒送りをおこないます。送り時間は設定で変更できます。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。宅内での視聴の場合は、動作に時間がかかることがあります。

  • 7.
    次のチャプター位置を再生します。チャプター位置は接続機器側の情報に従います。

    ※宅外から「どこでも視聴」利用時は使用できません。

  • 8.
    再生の進捗を表示します。
  • 9.
    変更できる項目を表示します。
  • 10.
    音声付きで再生速度を変更します。ダウンロード済み番組は、2.0倍速/1.6倍速/1.3倍速/標準が選べます。

    ※早見早聞再生は、Android6.0以降の端末で利用できます。また、iOS端末、Amazon端末では早見早聞再生は利用できません。

リモコン/音声操作

音声で操作したり、リモコン代わりに利用したりします。

バックライトや音声操作で、暗い部屋で視聴するときも迷わず操作できます。用途に応じて3種類のリモコン画面と1種類の音声操作用画面をご用意しています。左右にスワイプして選んでください。

※画面を指で軽く押して、一定方向へ掃くように動かす操作

※7010/4110/4010シリーズの画面表示です。

操作内容は、接続機器によって異なります。

※リモコンの操作結果が確認できる位置から操作してください。

※本アプリのリモコン機能では、ホームボタンや番組表ボタンなどで電源を入れることはできません。

※iOS版の音声操作は、iOS10以降で利用できます。また、Amazon端末では音声操作は利用できません。

テレビ(7010/4110/4010シリーズ)

  • 1.
    電源を入れたり、切ったりします。
  • 2.
    音声操作画面を表示します。
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。
  • 3.
    番組表(Gガイド)を表示します。
  • 4.
    ホームメニューを表示します。
  • 5.
    録画一覧を表示します。
  • 6.
    テレビの入力を切り換えます。
  • 7.
    チャンネル番号、放送時間、番組名、音声の種類、録画情報、現在時刻などを画面に表示します。
  • 8.
    番組を録画します。
  • 9.
    ECOモードに切り換えます。
  • 10.
    数字ボタン
    チャンネルを直接選んだり、数字を入力したりします。
  • 11.
    視聴している放送の種類の中でチャンネルを順送り、または逆送りで切り換えます。ビデオ入力などの映像を見ているときは、最後に見ていた放送波を表示して、チャンネルを切り換えます。視聴しないチャンネルをスキップします。
  • 12.
    放送波を切り換えます。
    「地上」ボタン:地上デジタル放送
    「BS」ボタン:BSデジタル放送
    「CS」ボタン:110度CSデジタル放送
  • 13.
    音量を調節します。
  • 14.
    チャンネル番号を入力します。
  • 15.
    音声を切り換えます。
  • 16.
    音を一時的に消します。もう一度押すと元の音量に戻ります。
  • 17.
    サブメニューを表示します。
  • 18.
    ▲・▼・◀・▶:選びます。
    決定ボタン:決定します。
  • 19.
    データ放送に切り換えます。
  • 20.
    ひとつ前の画面に戻ります。
  • 21.
    HDMI-CEC対応機器を操作します。
  • 22.
    操作画面などで使用します。
  • 23.
    再生や再生中の操作で使用します。
  • 24.
    現在時刻を表示します。
  • 25.
    画面サイズを変更します。
  • 26.
    押すごとに30分、60分、90分、120分後に電源が切れるように設定します。
  • 27.
    各種ネットサービスに直接アクセスします。
  • 28.
    ネットアプリを表示します。
  • 29.
    音声操作を受け付けます。
    ・音声リモコン (上、下、決定、戻る、チャンネルアップ、早送りなどを実行します。)
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。

テレビ(6000シリーズ)

  • 1.
    音声操作画面を表示します。
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。
  • 2.
    番組表(Gガイド)を表示します。
  • 3.
    ホームメニューを表示します。
  • 4.
    録画一覧を表示します。
  • 5.
    サブメニューを表示します。
  • 6.
    ▲・▼・◀・▶:選びます。
    決定ボタン:決定します。
  • 7.
    まるごと録画一覧を表示します。
  • 8.
    ひとつ前の画面に戻ります。
  • 9.
    おすすめ再生を表示します。
  • 10.
    操作画面などで使用します。
  • 11.
    再生や再生中の操作で使用します。
  • 12.
    テレビの入力を切り換えます。
  • 13.
    チャンネル番号、放送時間、番組名、音声の種類、録画情報、現在時刻などを画面に表示します。
  • 14.
    番組を録画します。
  • 15.
    ECOモードに切り換えます。
  • 16.
    数字ボタン
    チャンネルを直接選んだり、数字を入力したりします。
  • 17.
    視聴している放送の種類の中でチャンネルを順送り、または逆送りで切り換えます。ビデオ入力などの映像を見ているときは、最後に見ていた放送波を表示して、チャンネルを切り換えます。視聴しないチャンネルをスキップします。
  • 18.
    放送波を切り換えます。
    「地上」ボタン:地上デジタル放送
    「BS」ボタン:BSデジタル放送
    「CS」ボタン:110度CSデジタル放送
  • 19.
    音量を調節します。
  • 20.
    チャンネル番号を入力します。
  • 21.
    音声を切り換えます。
  • 22.
    音を一時的に消します。もう一度押すと元の音量に戻ります。
  • 23.
    データ放送に切り換えます。
  • 24.
    HDMI-CEC対応機器を操作します。
  • 25.
    押すごとに30分、60分、90分、120分後に電源が切れるように設定します。
  • 26.
    現在時刻を表示します。
  • 27.
    画面モードを表示します。
  • 28.
    各種ネットサービスに直接アクセスします。
  • 29.
    ネットアプリを表示します。
  • 30.
    音声操作を受け付けます。
    ・音声リモコン (上、下、決定、戻る、チャンネルアップ、早送りなどを実行します。)
    ・チャンネル切り換え(放送局名でチャンネルを切り換えます。)
    ・画面遷移(ホーム、番組表、録画一覧などの画面に遷移します。)
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。

テレビ(5000/4100/4000シリーズ)

  • 1.
    音声操作画面を表示します。
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。
  • 2.
    番組表(Gガイド)を表示します。
  • 3.
    ホームメニューを表示します。
  • 4.
    録画一覧を表示します。
  • 5.
    テレビの入力を切り換えます。
  • 6.
    チャンネル番号、放送時間、番組名、音声の種類、録画情報、現在時刻などを画面に表示します。
  • 7.
    番組を録画します。
  • 8.
    ECOモードに切り換えます。
  • 9.
    数字ボタン
    チャンネルを直接選んだり、数字を入力したりします。
  • 10.
    視聴している放送の種類の中でチャンネルを順送り、または逆送りで切り換えます。ビデオ入力などの映像を見ているときは、最後に見ていた放送波を表示して、チャンネルを切り換えます。視聴しないチャンネルをスキップします。
  • 11.
    放送波を切り換えます。
    「地上」ボタン:地上デジタル放送
    「BS」ボタン:BSデジタル放送
    「CS」ボタン:110度CSデジタル放送
  • 12.
    音量を調節します。
  • 13.
    チャンネル番号を入力します。
  • 14.
    音声を切り換えます。
  • 15.
    音を一時的に消します。もう一度押すと元の音量に戻ります。
  • 16.
    サブメニューを表示します。
  • 17.
    ▲・▼・◀・▶:選びます。
    決定ボタン:決定します。
  • 18.
    データ放送に切り換えます。
  • 19.
    ひとつ前の画面に戻ります。
  • 20.
    HDMI-CEC対応機器を操作します。
  • 21.
    操作画面などで使用します。
  • 22.
    再生や再生中の操作で使用します。
  • 23.
    現在時刻を表示します。
  • 24.
    画面モードを表示します。
  • 25.
    押すごとに30分、60分、90分、120分後に電源が切れるように設定します。
  • 26.
    各種ネットサービスに直接アクセスします。
  • 27.
    ネットアプリを表示します。
  • 28.
    音声操作を受け付けます。
    ・音声リモコン (上、下、決定、戻る、チャンネルアップ、早送りなどを実行します。)
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。

ブルーレイ(UTシリーズ/HT2010/HT1010/HW1010/HW510)

  • 1.
    電源を入れたり、切ったりします。
  • 2.
    音声操作画面を表示します。
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。
  • 3.
    番組表(Gガイド)を表示します。
  • 4.
    ホームメニューを表示します。
  • 5.
    ディスクメニューまたは録画一覧を表示します。
  • 6.
    サブメニューを表示します。
  • 7.
    ▲・▼・◀・▶:選びます。
    決定ボタン:決定します。
  • 8.
    おすすめ再生を表示します。
  • 9.
    ひとつ前の画面に戻ります。長押しで設定を終了して、ホームメニューや画面表示を消します。
  • 10.
    3桁のチャンネル番号を入力したいときに使用します。録画した番組を消去します。
  • 11.
    操作画面などで使用します。
  • 12.
    再生や再生中の操作で使用します。
  • 13.
    番組を録画します。
  • 14.
    ディスクトレイを開/閉します。
  • 15.
    数字ボタン
    チャンネルを直接選んだり、数字を入力したりします。
  • 16.
    視聴している放送の種類の中でチャンネルを順送り、または逆送りで切り換えます。ビデオ入力などの映像を見ているときは、最後に見ていた放送波を表示して、チャンネルを切り換えます。視聴しないチャンネルをスキップします。
  • 17.
    放送波を切り換えます。
    「地上」ボタン:地上デジタル放送
    「BS」ボタン:BSデジタル放送
    「CS」ボタン:110度CSデジタル放送
  • 18.
    3桁のチャンネル番号を入力したいときに使用します。録画した番組を消去します。
  • 19.
    番組内容を表示します。
  • 20.
    データ放送に切り換えます。
  • 21.
    ゆっくり再生に切り換えます。
  • 22.
    ブルーレイディスクレコーダーの情報を表示します。
  • 23.
    音声を切り換えます。
  • 24.
    字幕を切り換えます。
  • 25.
    メディアを切り換えます。
    HDD:内蔵ハードディスク
    DISC:ディスク
  • 26.
    まるごと録画一覧を表示します。
  • 27.
    音声操作を受け付けます。
    ・音声リモコン (上、下、決定、戻る、チャンネルアップ、早送りなどを実行します。)
    ・チャンネル切り換え(放送局名でチャンネルを切り換えます。)
    ・画面遷移(ホーム、番組表、録画一覧などの画面に遷移します。)
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。

ブルーレイ(HXシリーズ)

  • 1.
    音声操作画面を表示します。
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。
  • 2.
    番組表(Gガイド)を表示します。
  • 3.
    ホームメニューを表示します。
  • 4.
    ディスクメニューまたは録画一覧を表示します。
  • 5.
    サブメニューを表示します。
  • 6.
    ▲・▼・◀・▶:選びます。
    決定ボタン:決定します。
  • 7.
    おすすめ再生を表示します。
  • 8.
    ひとつ前の画面に戻ります。長押しで設定を終了して、ホームメニューや画面表示を消します。
  • 9.
    3桁のチャンネル番号を入力したいときに使用します。録画した番組を消去します。
  • 10.
    操作画面などで使用します。
  • 11.
    再生や再生中の操作で使用します。
  • 12.
    番組を録画します。
  • 13.
    ディスクトレイを開/閉します。
  • 14.
    数字ボタン
    チャンネルを直接選んだり、数字を入力したりします。
  • 15.
    視聴している放送の種類の中でチャンネルを順送り、または逆送りで切り換えます。ビデオ入力などの映像を見ているときは、最後に見ていた放送波を表示して、チャンネルを切り換えます。視聴しないチャンネルをスキップします。
  • 16.
    放送波を切り換えます。
    「地上」ボタン:地上デジタル放送
    「BS」ボタン:BSデジタル放送
    「CS」ボタン:110度CSデジタル放送
  • 17.
    3桁のチャンネル番号を入力したいときに使用します。録画した番組を消去します。
  • 18.
    番組内容を表示します。
  • 19.
    データ放送に切り換えます。
  • 20.
    ゆっくり再生に切り換えます。
  • 21.
    ブルーレイディスクレコーダーの情報を表示します。
  • 22.
    音声を切り換えます。
  • 23.
    字幕を切り換えます。
  • 24.
    メディアを切り換えます。
    HDD:内蔵ハードディスク
    DISC:ディスク
  • 25.
    まるごと録画一覧を表示します。
  • 26.
    音声操作を受け付けます。
    ・音声リモコン (上、下、決定、戻る、チャンネルアップ、早送りなどを実行します。)
    ・チャンネル切り換え(放送局名でチャンネルを切り換えます。)
    ・画面遷移(ホーム、番組表、録画一覧などの画面に遷移します。)
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。

ブルーレイ(HT2000/HT1000/HW1000/HW500)

  • 1.
    音声操作画面を表示します。
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。
  • 2.
    番組表(Gガイド)を表示します。
  • 3.
    ホームメニューを表示します。
  • 4.
    ディスクメニューまたは録画一覧を表示します。
  • 5.
    サブメニューを表示します。
  • 6.
    ▲・▼・◀・▶:選びます。
    決定ボタン:決定します。
  • 7.
    おすすめ再生を表示します。
  • 8.
    ひとつ前の画面に戻ります。
  • 9.
    設定を終了して、ホームメニューや画面表示を消します。
  • 10.
    操作画面などで使用します。
  • 11.
    再生や再生中の操作で使用します。
  • 12.
    番組を録画します。
  • 13.
    ディスクトレイを開/閉します。
  • 14.
    数字ボタン
    チャンネルを直接選んだり、数字を入力したりします。
  • 15.
    視聴している放送の種類の中でチャンネルを順送り、または逆送りで切り換えます。ビデオ入力などの映像を見ているときは、最後に見ていた放送波を表示して、チャンネルを切り換えます。視聴しないチャンネルをスキップします。
  • 16.
    放送波を切り換えます。
    「地上」ボタン:地上デジタル放送
    「BS」ボタン:BSデジタル放送
    「CS」ボタン:110度CSデジタル放送
  • 17.
    3桁のチャンネル番号を入力したいときに使用します。録画した番組を消去します。
  • 18.
    番組内容を表示します。
  • 19.
    データ放送に切り換えます。
  • 20.
    ブルーレイディスクレコーダーの情報を表示します。
  • 21.
    音声を切り換えます。
  • 22.
    字幕を切り換えます。
  • 23.
    メディアを切り換えます。
    HDD:内蔵ハードディスク
    DISC:ディスク
    USB:外付けハードディスク(前面のAV周辺機器用USB端子に接続されるものは含みません。)
  • 24.
    音声操作を受け付けます。
    ・音声リモコン (上、下、決定、戻る、チャンネルアップ、早送りなどを実行します。)
    ・チャンネル切り換え(放送局名でチャンネルを切り換えます。)
    ・画面遷移(ホーム、番組表、録画一覧などの画面に遷移します。)
    音声操作コマンド一覧はこちらをご覧ください。

音声操作コマンド一覧

テレビ音声操作コマンド一覧
対応機器※1 NEW
7010
4110
4010
シリーズ
6000
シリーズ
5000
4100
4000
シリーズ
FE-65U7010
FE-55U7010
FL-65U4110
FL-55U4110
FL-49U4110
FL-49U4010
FL-43U4010
FL-65UA6000
FL-55UA6000
FL-49UA6000
FL-65UP5000
FL-55UP5000
FL-49UP5000
FL-65UD4100
FL-55UD4100
FL-49UD4100
FL-43UB4000







地上/地デジ
BS
CS
番組表
ホーム
録画一覧
チャンネルアップ/チャンネルダウン
上/下/左/右
OK/決定
再生
一時停止
停止
10秒戻し
30秒スキップ
スキップ
後ろスキップ
早送り
早戻し
画面表示
戻る
サブメニュー
録画
音声切替
データ
青色/赤色/緑色/黄色
1チャンネル~12チャンネル
3桁入力
おすすめ再生 × ×
おやすみ
ECO/エコ
入力切替
まるごと録画一覧 × ×
音量アップ/音量ダウン
消音/ミュート
リンク
画面モード ×
画面サイズ × ×
時計
ネットアプリ
YouTube
NETFLIX
dtv
U-NEXT
DAZN × ×
予約一覧 ×
おまかせ録画 ×
ダビング ×
  • ※1 アプリのバージョンアップに伴い、対応機器や機能・仕様を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

音声操作コマンド一覧

レコーダー音声操作コマンド一覧
対応機器※1 NEW
UT
HT
HW
シリーズ
HX
シリーズ
HT
HW
シリーズ
FBR-UT2000
FBR-UT1000
FBR-HT2010
FBR-HT1010
FBR-HW1010
FBR-HW510
FBR-HX3000
FBR-HX2000
FBR-HT2000
FBR-HT1000
FBR-HW1000
FBR-HW500







地上/地デジ
BS
CS
開く/閉じる
番組表
ホーム
録画一覧
ディスクメニュー
チャンネルアップ/チャンネルダウン
上/下/左/右
OK/決定
再生
一時停止
停止
10秒戻し
30秒スキップ
スキップ
後ろスキップ
早送り
早戻し
画面表示
番組内容
戻る
サブメニュー
録画
音声切替
字幕
データ
HDD/ハードディスク
ディスク
USB × ×
青色/赤色/緑色/黄色
1チャンネル~12チャンネル
3桁入力
消去
おすすめ再生
終了
まるごと録画一覧 ×
予約一覧
おまかせ録画
ダビング
ゆっくり再生 ×
  • ※1 アプリのバージョンアップに伴い、対応機器や機能・仕様を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

設定

アプリの設定です。「どこでも視聴」や番組視聴に関する設定ができます。

  • 1.
    登録した機器の設定ができます。
  • 2.
    端末が接続しているネットワークが、宅外操作できる環境かチェックすることができます。

    ※チェック結果は、宅外操作を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

  • 3.
    動画再生の設定ができます。
  • 4.
    番組表や予約内容の設定ができます。
  • 5.
    宅内一覧に関する設定ができます。
  • 6.
    番組のダウンロード時の設定を変更できます。
  • 7.
    モバイルデータ通信での視聴について設定できます。
  • 8.
    配色テーマの変更ができます。
  • 9.
    はじめてアプリを起動した際に表示した画面を、再度確認することができます。
  • 10.
    アプリの情報が表示されます。

登録機器設定

登録した機器を一覧します。機器をタップすると、詳細を表示します。

機器詳細

「どこでも視聴」「どこでも予約」に登録した機器の詳細を表示します。

※「どこでも視聴」の有効期限は、「どこでも視聴」に対応する機器のみ表示します。

  • 1.
    「どこでも視聴」「どこでも予約」に登録した機器名を表示します。
  • 2.
    「どこでも視聴」の有効期限です。
  • 3.
    タップすると、 「どこでも視聴」の有効期限を、手動で更新できます。
  • 4.
    この機器の情報を消去します。

    ※消去した機器の「どこでも視聴」「どこでも予約」が利用できなくなります。再度登録する場合は、登録機器と同じホームネットワークに接続し、もう一度機器登録ををおこなってください。

宅外操作環境チェック

端末が接続しているネットワークが、宅外操作できる環境かチェックすることができます。
チェック結果については、こちらをご確認ください。

※チェック結果は、宅外操作を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

動画再生設定

  • 1.
    送り時間
    録画番組視聴中に「30秒スキップボタン」で送る時間を設定します。
  • 2.
    戻し時間
    録画番組視聴中に「10秒戻しボタン」で戻す時間を設定します。
  • 3.
    動画再生バッファ
    ネットワーク経由で番組を視聴する際の一時的に保持するデータ量を設定します。再生が頻繁に止まる場合は「大」に設定してください。「小」に設定すると視聴開始までの時間は早くなりますが、ネットワーク環境によっては頻繁に視聴が止まる可能性があります。
  • 4.
    動画を横向き固定
    番組視聴中の画面向きを横向き固定に設定します。全画面で視聴したいときに便利です。
  • 5.
    宅内配信画質
    接続機器と同じネットワークで番組を視聴する場合の画質設定です。

    ※モバイル用番組を視聴する場合は、持ち出し番組作成時の画質設定のまま再生するため、この項目の設定は適用されません。

  • 6.
    宅外配信画質
    宅外で番組を視聴する場合の画質設定です。

    ※モバイル用番組を視聴する場合は、持ち出し番組作成時の画質設定のまま再生するため、この項目の設定は適用されません。

    ※携帯電話回線を使う場合は、パケット通信の利用料金が必要になります。

番組表・予約設定

  • 1.
    番組表詳細表示が設定できます。
  • 2.
    予約設定時の録画モード初期値を指定します。録画モードに対応する機器にのみ使用します。

宅内一覧設定

宅内一覧に関する設定ができます。

番組ダウンロード設定

  • 1.
    ダウンロード実行時に、保存先(本体メモリ、またはSDカード)を確認するかどうかを設定します。

    ※iOS端末では表示しません。

  • 2.
    ダウンロード実行時に、選択した保存先(本体メモリ、またはSDカード)へ自動で保存するように設定します。

    ※iOS端末では表示しません。

  • 3.
    アプリ起動時に接続機器で新しくモバイル用番組の変換が完了したことを確認するかどうかを設定します。

モバイルデータ通信での視聴

モバイルデータ通信を使用しての「どこでも視聴」開始時に、確認画面を表示する/しないを設定します。

配色テーマ

配色テーマを変更できます。

※Android端末、Amazon端末の場合は、設定変更後にアプリの再起動が必要です。iOS端末の場合は、設定変更後すぐに反映されます。

はじめに

はじめてアプリを起動した際に表示した画面を、再度確認することができます。

左にスワイプすると画面が進みますので、FUNAI Connectアプリの概要をご確認ください。

※画面を指で軽く押して、一定方向へ掃くように動かす操作

※画面はAndroid版のものとなります

このアプリについて

FUNAI Connectの情報が表示されます。

  • 1.
    バージョン
    バージョンを表示します。
  • 2.
    ライセンス情報
    このアプリで使用しているソフトウェアのライセンス情報を表示します。
  • 3.
    プライバシーポリシー
    このアプリのプライバシーポリシーを表示します。
  • 4.
    更新のお知らせ
    更新のお知らせを表示します。

接続機器を選択

  • 1.
    接続する機器を選択します。複数の機器があり、画面に入りきらない場合は、上下スワイプでスクロールすることができます。

    ※「どこでも視聴」を利用する場合は、機器名称の前に「宅外から接続」が表示された機器を選択してください。

  • 2.
    検知される接続機器の一覧を更新します。
  • 3.
    端末が接続しているネットワークが、宅外操作できる環境かチェックすることができます。

    ※チェック結果は、宅外操作を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

TOP