製品における活動と実績

船井電機は、環境にやさしい製品づくりを通して、お客様にご満足いただくことを第一に考え、製品の設計・製造を行っています。具体的には、軽くてシンプルな製品を開発することにより使用する資源を削減する、製品の消費電力を削減することによりお客様の使用時に地球温暖化防止に貢献する、製品のスリム化により製品輸送を効率化し運搬時の環境負荷を削減する、製品から有害物質を排除することにより環境汚染を防止する、など、環境に配慮した製品設計を行う全社横断的組織『製品環境委員会』を設置し、継続的な活動を推進しています。

グリーン調達

人体や生物に悪い影響を与える化学物質、食物連鎖により生物に濃縮される化学物質などを製品から排除するために、お取引先様とのつながり(サプライチェーン)を通して取り組んでいます。具体的には、『グリーン調達基準書』を製品含有化学物質法規制の新規発効・改訂に対応した更新、運用をしています。合わせてお取引先様の含有化学物質の管理体制も確認し、万全を期しています。

業界団体と連携をはかりながら、常に新しい化学物質管理に基づく有害物質の管理を進めています。

ライフサイクルアセスメント(LCA)

LCA評価結果

グラフ:LCA評価結果

製品の環境影響を評価するためには、製品のライフサイクルを通して環境負荷を評価しておく必要があります。ライフサイクルアセスメントとは、資源採取、材料調達、製品の組立、輸送、使用、廃棄に至るまでの製品のライフサイクルを通して、各段階における環境影響を特定し、環境影響の評価を行う手法です。

当社は2007年度以降、毎年米国で販売している主要製品のLCA評価を実施し、製品の環境配慮設計に活用しています。

LCA適用範囲

図:LCA適用範囲

製品環境教育

船井電機の従業員、お取引先様が環境問題を理解し、環境にやさしい製品を求められている現状を認識するため、定期的に製品環境教育を実施しています。製品環境教育を継続的に実施することが製品の設計・開発に活かされ、お客様にご満足いただける製品につながるものと考えています。

写真:法規制説明法規制説明

写真:JAMP-AIS作成実務指導JAMP-AIS作成実務指導